ぎっくり腰、その後

公開日: コメントなし

久しぶりのぎっくり腰を発症しましたが、医者には行きませんでした。

じっとしていれば痛みはさほど無いですし、医者に行ってもおそらく待つ時間が長いだろうと想像できます。座って待つのはしんどいですし。もし、診てもらっても結局、痛み止めの注射をするか、湿布薬を出してくれるだけ、だろうと思いましたし。

日曜の朝に始まって、やっぱりその日のうちに回復なんて無理なわけで…

結局、ぎっくり腰のために2日、仕事を休みました。

月曜の休みの件、職場に連絡を入れると皆さんが優しくて…。
「ゆっくり直してくださいね~」と。

ありがたいです。

なので、一日ダラダラ過ごしていました。
でも、少しはラクになりつつも完璧には痛みが取れませんでした。

腰をまっすぐにしたり、何か物を提げるとまだ痛むのです。

厨房の仕事は動いて作業してナンボですから、
そんなんんじゃ仕事にならない。逆に迷惑かけちゃう。

申し訳ないけどもう一日お休みをもらうこととしました。

皆さんやっぱり快く
「完璧に治してから出勤してくださいね」と。

職場では、過去にぎっくり腰をやっちゃった人があったらしく、しっかり治してから出勤しないと、クセになっちゃう、という考え方があるようです。

おかげさまで、自分なりに
「行っても大丈夫」と思える体調で水曜から出勤を再開できました。

大事をとって、もう少しの間、炊飯の仕事はやらない方向で調整もしてくれました。ありがたいです。

↓クリックしてもらえるとうれしいです♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

60歳代ランキング

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA